Skip navigation

南アジア地域事務局

南アジア地域事務局

BhutanAfghanistanPakistanIranIndiaSri LankaBangladeshMaldives  

IPPF南アジア地域事務局は、アフガニスタン、バングラデシュ、ブータン、インド、イラン、モルディブ、ネパール、パキスタン、そしてスリランカの9カ国を所管しています。 

 バングラデシュでは、辺境地においてバングラデシュ家族計画協会(Family Planning Association of Bangladesh、FPAB)のボランティアが戸別のセクシュアル・ヘルス・アドバイスサービスを行い、多くの人々に診療所訪問を促します。保守的なイスラム教学校(madrasah school)においてピア・エデュケーション(peer education)を促進させる主要な活動も行います。また、パートナーや家族からの心身の虐待に苦しむ既婚女性および少女に対して、法的、資金的、そして臨床的な支援を行う重要なプロジェクトが進行しています。

インド家族計画協会(Family Planning Association of India、FPAI)は、ラジャスタン州(Rajasthan)においてプライマリー/コミュニティ・ヘルス・センター(primary and community health centres)の医師36人および看護師34人を対象に、安全な人工妊娠中絶の診療サービスに関する研修をパイロット活動として立ち上げ、成功裏に実施しました。ネパールでは、ネパール家族計画協会(Family Planning Association、FPAN)が薬剤師150人を対象に、人工妊娠中絶について患者と話し合い、安全なサービス提供者として照会するための研修を実施しています。また、月経に関する中傷的で差別的な俗説を正すことに焦点を当てた総合的なセクシュアリティ教育プログラム(Comprehensive Sexuality Education programme)が各学校に設置されています。

IPPF加盟協会のプロジェクトを含めて、さらに詳しく知りたい方は南アジア地域事務局のホームページをご参照ください。

コンタクト: 
IPPF House, 66 Sundar Nagar, New Delhi 110003, Tel: +91 (11) 2435 9221